管理人

感動! 「種まく旅人 くにうみの郷」

淡路島を舞台にした映画「種まく旅人 くにうみの郷」を見てきました。
5月30日の全国一斉ロードショーから3週間余りとなり、残りの上映期間も終わりに近づく中で急いで見てきました。

「種まく旅人 くにうみの郷」、素晴らしかったですね~
感動し、何度もうるうるしました。

今の私の気持ちは「感動」、そして「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。
全編に渡って淡路島ALLロケの中で、これでもかこれでもかと淡路島が出てきましたね!
でも、「感動」の理由は映画の舞台が淡路島であったからではありません。
なじみの場所がたくさん出てきたからでもありません。

「感動」の理由は「親と子」、「兄と弟」、「仲間」、「地域」での人間模様を描いた素晴らしい人間ドラマであったからです。
映画の舞台がどこであろうと、時代がいつであろうと、結局一番大事なのは人間の本質を描くことなんですね。
映画を見る前までは、「レタス畑」や「海苔の養殖所」などでのロケと聞いて、少し地味なんじゃないかと心配もしていました。
しかし、さすが松竹の配給です。
素晴らしい人間ドラマとなっていました。
サスペンスやアニメばかりの映画会社と一味も二味も違います。

映画を見た人それぞれが感動し、感情移入する場面は違うかもしれません。
レタス栽培をする兄と海苔養殖をする弟との葛藤に一番に感情移入する人。
その兄弟を見つめる母親に感情移入する人。
都会での結婚生活に夢やぶれ淡路島に帰ってきた兄の彼女に感情移入する人。
淡路人形浄瑠璃に夢をたくす弟の彼女に感情移入する人。
もちろん、栗山千明演じる主人公に感情移入する人。
見る人皆が、今の自分自身の生活に置き換えて映画を見ていたと思います。
これからも、「私も頑張ろう」と思いながら!

そんな素晴らしい人間ドラマの中で、これでもかこれでもかと淡路島を素敵に紹介してくれたスタッフや出演者の方々に「ありがとう」と言いたいです。
この映画のフィルムは、きっと何十年、何百年?~と淡路島の歴史、文化を体現する貴重な財産となることでしょう。

映画の中で日本最古の神社ともいわれる伊弉諾神宮、淡路人形浄瑠璃が何度もでてきます。
歴史あるこれらが、映画を風格あるものにしてくれています。
映画は人間ドラマであるけれども、これら伝統文化も描かれることで、より素敵な映画ともなっていました。

追記)
私が映画を見に行ったのは神戸は三宮にある神戸国際松竹です。
本当は洲本オリオンさんで見たいところでしたが、自分にとっての近場である神戸国際松竹で見ました。
映画館で見る映画は数年ぶりでした。
前日にネットでチケットを購入をしたのですが、凄く便利になっていますね~
座席一つ一つが表示された座席表の中から、好きな座席を簡単に選べます。
そして、メールで送られてきたQRコードを映画館の端末にかざすだけでチケットと交換できます。
チケット売り場でのやりとりも映画館の雰囲気が楽しめて良いのですが、人気の映画などを見るときはネットでの購入がたいへん便利です。
ちなみに、6月20日の土曜日、「e-01」に座っていたのはオイラですわ!
[壁|_-)チラッ

「種まく旅人 くにうみの郷」の出演者についてです。
主人公の農水省から淡路島市役所に出向してきた女性官僚を演じるのは栗山千明です。
映画やテレビドラマで主演をはる女優さんだけあってオーラがありますね。
レタス栽培をする兄を演じるのは桐谷健太です。
私は人気のテレビドラマ「仁」に出ているのを見たことがあります。たしか、大阪の蘭学者の緒方洪庵の一番弟子を演じていたと思います。「仁」では医者を演じていましたが、「種まく旅人 くにうみの郷」では、彼の演技力が光っていました。栗山千明と共に主役と言える役柄でした。
海苔養殖をする弟を演じていたのは三浦貴大です。
wikipediaで調べてみると、なんと彼は三浦友和と山口百恵の息子さんじゃないですか。
甘いマスクのイケメンですよ!
母親似ですね。
彼も映画やテレビドラマにも多数でている売れっ子の俳優さんですね~
昔、私の母親が友和と百恵主演のテレビドラマ「赤いシリーズ」を夢中になって見ていましたが、その息子さんが淡路島の海苔養殖をする青年を演じるとは面白いですね~
彼らの母親を演じるのは根岸季衣です。
もう言うことなし。彼女以外にこの役はつとまりません。耐える我慢強い淡路島のお母さんを演じていました。
兄の彼女を演じるのは音月桂です。
すんごくお綺麗な元宝塚のトップスターだった人です。
弟の彼女を演じるのは谷村美月です。
淡路島の女性らしく控えめで淡路島人形浄瑠璃の修業をする可愛い女性を演じていました。
淡路島弁がすんごくお上手でしたよ!
wikipediaを見れば、人気のほどがわかる売れっ子の女優さんですね。
私は、今回初めて彼女を見たのですがすっかりファンになりましたわ!
(;^ω^A テレテレ
あと、山口いづみ、永島敏行、豊原功補などが脇を固めて良い演技をしていました。

淡路島が舞台の映画はwikiのページにまとめました。

神戸国際会館

淡路島が舞台の映画「種まく旅人 くにうみの郷」が上映されている神戸国際松竹にやってきました。
神戸国際松竹は神戸国際会館の10階と11階部分です。

「種まく旅人 くにうみの郷」予告編


  このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL : http://awaji.kobe-ssc.com/kanrinin/wp-trackback.php?p=1615