管理人

淡路島と大阪

我がサイトのwikiのページを更新したりしていました。
そこで、思ったことがあります。

淡路島と大阪の人口と面積についてです。
少し時間的な誤差もあると思いますが比較してみましょう。

■人口
淡路島:△△142,888人
大阪府:8,863,714人

■面積
淡路島:△△592.17km²
大阪府:1,897.86km²

これらを見て思うのは、大阪の面積は、淡路島のたった3倍ぐらいしかありません。
しかし、人口は60倍以上はあります。
これは、少し不自然じゃないでしょうか?

昔、私の親戚のおじさん、おばさん達は仕事を求めて大阪や神戸に行きました
当時は交通の便も不便で大阪などに出かけないと仕事が無かったのでしょう。
でも、今はネット社会ですよ。
交通の便も昔に比べてかなり良くなりました。
距離も、そんなに遠くないと思います。

これだけ大消費地の大阪や神戸が目の前にあるんですから、淡路島の将来は明るいんじゃないかと思います。
これだけの人口比、面積比を見れば、淡路島の観光業、不動産業などは特に将来性があるのではと考えてしまいます。

もっと、ネットを利用すれば!
徳島はネットのインフラが発達していて、東京などから進出する企業が増えていると聞いたことがあります。
道路整備だけでなく、美しい海と山をアピールできる島造りができれば、淡路島に来る企業も人も増える気がしてなりません。

追記)
こう考えると、淡路島こそ1つの市に合併するべきじゃないでしょうか?
もし、日本が将来に道州制になったとき、関西州の中で小さな市が3つだと、それぞれの市が埋没してしまうのではと思います。
1つにまとまり、海と山の自然に恵まれ、京阪神への近さをアピールできれば面白いかなと思います。
3つの地域が、それぞれ競争するのが良いと言う考えもあるかもしれません。
しかし、京阪神から見れば、淡路島が1つにまとまり、一人の誰か強いリーダーシップの元で活気がでれば、淡路島はより魅力的な地域に映るのではと思います。


  このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL : http://awaji.kobe-ssc.com/kanrinin/wp-trackback.php?p=201