管理人

絵島

絵島に行ってきました。

絵島は淡路島北部の岩屋漁港南部にある小島です。
その小さな島は万葉の昔から美しい島として知られてきました。
平家物語の「月見」の巻にも登場するなど有名な場所なのです。
そして、今も淡路島の観光名所の一つとして、夜にはライトアップされたりしています。

淡路島の岩屋と明石を結ぶ淡路ジェノバラインの乗り場はすぐ近くです。
少し南に行けば大和島もあります。
また、少し北(ほとんど淡路ジェノバライン乗り場のすぐ横)に行けば恵比須神社、岩楠神社があります。

淡路島北部にある絵島です

淡路島北部にある絵島です。
自然が生み出した絵島は、周囲の山水との調和も見事で万葉の昔から歌い読まれ愛されてきました。
左奥(北側)に見える建物は淡路ジェノバラインの乗り場です。
その奥には明石大橋も写っています。

北側から絵島を見る

北側から絵島を見ました。
素晴らしい形をしていますね。
ここから少し南にいくと大和島があります。

絵島と結ぶ橋

絵島と結ぶ橋

絵島の前に立つ案内「淡路 和歌の路 絵島」によれば、次の様に書かれています。
太古、イザナギとイザナミの二神が国づくりのために最初に生まれた島が「オノコロ島」で淡路島を指すと言われていますが、この絵島と言う説もあります。
また、島の頂上にある石塔は平清盛が兵庫築造の時に人柱になった松王丸の為に建てられたと伝えられています。
この自然が生み出した絵島は、周囲の山水との調和も見事で万葉の昔から歌い読まれ愛されてきました。
西行法師は次の様に絵島を読んでいます。
千鳥なく 絵島の浦に すむ月を 波に移して 見るこよひかな

淡路 和歌の路 絵島

淡路 和歌の路 絵島

絵島の前の岩礁

絵島の前の岩礁です。
写真の奥には神戸の街が写っています。
画像をクリックして大きな画像で見てください。
良く見ると高層ビルが見えると思います。
淡路島と明石、神戸の近さが実感できると思います。

追記 2015年10月13日)
絵島の前を国道28号線が通っています。
Googleマップのストリートビューで絵島を見ることができます。
淡路ジェノバラインの乗り場、明石海峡大橋も見えますね。
明石海峡大橋が近く見えますが、なにしろ明石海峡大橋はバカでかいですから、思った以上に距離があったりします。
ストリートビューを右手前(南側)に行くとステーキ屋さんがあります。
私は10年以上前に行ったことがありますが、目の前の大阪湾の景色をみながら食べる料理は素晴らしかったですね!

絵島 Gogleマップ ストリートビュー画像


  このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL : http://awaji.kobe-ssc.com/kanrinin/wp-trackback.php?p=312