管理人

淡路島周遊の旅 第一回

観光地として見所がいっぱいの淡路島です。
そんな淡路島を写真を中心に紹介していければと思いました。
管理人自らが見て感じた事を書き、そして写真で淡路島の魅力を紹介できたらと思いました。

そして、昨日の12月5日にバスを乗り継ぎながら淡路島北部を回ってきました。
だいして、「淡路島周遊の旅 第一回」です。
((^┰^))ゞ テヘヘ

できるだけ低予算で~
できるだけ多くの場所を紹介することを考えて回ってきました。
その為に有名なとこへ行くというより、バス亭周辺をいけるところから行くと言う感じとなりました。
淡路島の島内バスは本数がとても少ないです。
1時間に1本は普通です。下手をすれば2、3時間に1本しかないこともあります。
ですから良くバスの時間を考えて行動することが必須でした。
また、グーグルのマップも必須です。

<< 淡路島周遊の旅 第一回 >>

■目的
・できるだけ多く見る。
・できるだけ多く写真を撮る。
・できるだけ多く当サイトで紹介する。

これらの目的を実行することで当サイトのコンテンツの充実を図ります。
つまり、コンテンツの充実でグーグルの検索順位のアップにつなげます。
検索順位がアップすれば当サイトのアクセスアップとなりますね。
まあ、こう言う下心の上での「淡路島周遊の旅 第一回」の企画です。
思ったように検索順位のアップに繋がるか乞うご期待ください。
ヾ(@^▽^@)ノわはは

■コース
1.高速舞子 → 津名港
・高速バス(1200円)
・目的地の津名港での観光ポイントは、津名港辺の神社仏閣、津名港などを見ることです。(バスの出発時間の都合上、1時間余りしか余裕時間がなかった為。)

2.津名港 → 伊弉諾神宮前
・島内路線バス/西浦・一ノ宮線(410円)
・津名港を11時40分出発、伊弉諾神宮前には11時58分に到着。
・伊弉諾神宮前に次のバスが来るのが12時48分です。その次が14時58分です。
14時58分まで伊弉諾神宮前周辺を観光することにしました。
・メインは伊弉諾神宮を見ることです。

3.伊弉諾神宮前 → 道の駅あわじ
・島内路線バス/西浦・一ノ宮線(920円)
・伊弉諾神宮前を14時58分出発、道の駅あわじには15時47分に到着。
・目的地の明石大橋のある道の駅あわじでの観光ポイントは、明石大橋を岩屋側から見ることです。

4.道の駅あわじ → 岩屋港
・バスの本数が少なかった為、歩いてバス亭と高速船の乗り場がある岩屋に向かいました。神社仏閣を見ながら歩いたので40分以上かかりました。
・目的地の岩屋港では、絵島などの観光ポイントがありますが、先日に訪問していますので高速船を乗ることだけが目的です。

5.岩屋港 → 明石港
・淡路ジェノバライン(450円)
・岩屋港を17時出発、明石港に17時15分ごろ到着。

以上のようなコースで淡路島周遊をしたのですが思ったほど観光地に行けませんでした。
原因は「バスの本数が少ない」、「冬で昼間の時間が短い」などが理由です。
本当は伊弉諾神宮前でバスに乗った後、震災記念公園前で降りて震災記念公園を見る計画を立てていました。
しかし、震災記念公園に着くのが15時29分です。1時間ほど観光するにしても15時の時点で少し暗くなっていたので震災記念公園を見る事は中止しました。

次回の記事から撮ってきた写真を順次紹介していきたいと思います。
今回の記事では特に印象に残った写真を3点紹介したいと思います。

国道28号線前のお寺

国道28号線前のお寺

旧一宮町の酒蔵跡

旧一宮町の酒蔵跡

岩屋商店街のお寺

岩屋商店街のお寺


  このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL : http://awaji.kobe-ssc.com/kanrinin/wp-trackback.php?p=425